費用相場

秘書代行・電話代行を提供している主な会社を調べて、費用相場をまとめました。料金とサービスの天秤はどのあたりが適切なバランス?

秘書代行・電話代行サービスの費用相場

各社が提供している秘書代行・電話代行サービスの代表的なプランを表にまとめました。費用を検討するうえで役立ててください。

秘書代行会社 主要コースの費用(税込)
MKサービス 5,600円/月
(ハーフプラン:平日9:00~18:00)
オフィスジャパン 16,200円/月
(特Aコース:平日9:00~18:00)
CUBE 10,800円/月、初期登録料 0円、保証金 5,000円(解約時に返金)
(ライトプラン:平日9:00~18:00)
渋谷オフィス 9,720円/月
(エントリープラン:平日9:00~18:00)
ジェイリーム 電話を取り次いだ分だけ課金、初期登録料0円、月額固定費0円
(電話秘書代行サービス:平日9:00~18:00)
シンフォネット 5,000円/月
(ゆったり40コース:平日9:00~18:00)
TASK 10,800円/月
(転送Aコース:月~金9:00~18:00)
秘書センター 8,100円/月+従量課金制(162円/コール)、初期設定料 16,200円
(電話代行サービス:月~金9:00~18:00)

各社料金設定はまちまちですが、概ね月額1万円程度が基準でしょうか。これらの費用に加えて、土日や夜間などの対応はオプション代金として課金されるパターンが多いですね。

費用とサービス内容を天秤にかけて依頼先を決めましょう

かかる費用だけで比較検討すると、どうしても一番安いところを選んでしまいがち

秘書代行・電話代行の費用相場でもちょっと、待ってください!その秘書代行サービスには、あなたが必要としている内容が含まれていますか?秘書代行・電話代行会社選びで大切なことは、サービス内容と費用のバランスがとれているかをしっかりと確認することです。激安の電話代行だからといって、焦って飛びついてはいけません。

利用料金が安い分、サービス内容も限られてきますので、充実した電話対応を望むのであれば、ある程度の相場料金である電話代行サービス業者を選ぶ方がいいでしょう。

標準的な電話代行サービスはほとんど含まれていますし、オペレーターの応対レベルも水準以上が期待できますよ。

リサーチ対象会社